かにが最高のご馳走

カニのお取り寄せ通販が普及した現在では、クリック一つで、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。

とはいえ、最近は業者の数も増えてきて、詐欺まがいの業者や、他と比べて高すぎるところもあるので、業者選びを間違えると、損してしまうこともあります。

楽天市場などのECサイトや、一般の検索で探せば、お得な条件で利用できる業者もおのずと見つかるでしょう。

とはいえ、安すぎる店には何かカラクリがありそうですから、蟹の品質、そのお店の信頼性などの項目を入念に確かめておきたいものです。

かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。

かにといえばここと誰もが知る名産地の漁港から、クール便で届けば安心ですね。

様々なかにを扱うカニのお取り寄せ通販では、かにの良し悪しを見分けるのに自分の目が正しいのか分からず不安ですが、そんな人にいいことを教えてあげましょう。

要点は次のようなものです。

初めに考慮に入れるべきは、当然のことながら産地です。

高品質のかには、有名な産地に行ってそこで食べるのが一番ですが、産地が決まったら、いかに早くそこから届けてもらうかを考えることです。

3つ目のポイントがズバリ、「口コミ」です。

100パーセント正しいことを言っているという保証はありませんが、参考にするには便利なものと言えます。

タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。

蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。

一度その味わいを知ってしまうと、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。

ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。

このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。

ブランド蟹を注文して届いたら、まずはタグの有無をチェックするという習慣をつけましょう。

ネットで少し検索すれば、10件や20件ではきかないくらい、あまりに多くの口コミがネットに溢れ返っているのが実情です。

多くの人が目にするのは、カニのお取り寄せ通販でしょう。

また、それらのサービスでは簡単に多くの口コミが見られます。

また、それ以外にも、私の知る限りでも、カニのお取り寄せ通販についてまとめたサイトは数十を下りません。

これら全てに目を通すことなど出来る筈ありませんね。

重要なのは、これらの情報に惑わされないことです。

口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。

それより、客観的に表れる実績によって業者の良しあしを判断すれば個人の主観に左右されない判断ができるでしょう。

ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないと、かにに詳しい方が言うのですがそれは言い過ぎでしょう。

今まで紅ズワイガニを食べた記憶をたどってはずればかりだとしたら紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。

新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても実においしいかにです。

すぐに鮮度が落ちてしまうので誤解が生まれるのも仕方がありません。

ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。

塩の入れすぎは逆効果です。

1%を超えない濃度とわかれば大丈夫です。

立派なかにで、もしも鍋より大きかったら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ鍋に全て収めてください。

そして、茹でる前に全体の汚れを落とすときれいな状態で食卓に乗せられます。

近海でかにが獲れる時期になれば皆さん、かにを食べたくなりますよね。

具だくさんのかに鍋にすれば、外は寒くても誰でも笑顔になれます。

もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、かには近くのお店で買うのではなく、市場でいろいろ見てから買った方が鍋はさらにおいしくなるはずです。

カニのお取り寄せ通販をまめにチェックして、かにを買うのもかなりおいしいかにに出会えます。

なお、ズガニと呼ばれている蟹がいますが、この蟹の正式名称はモクズガニです。

モクズガニというと聞いたことがある人は少なくないでしょう。

これは河川で漁獲されるカニの一つで、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。

そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、そうである割には長い脚を持っています。

カニのお取り寄せ通販で買った蟹は、お味噌汁または炊き込みご飯として調理されます。